Presentations

Home > Research > Presentations

( Last updated: Feb. 03, 2024 )

発表リスト(2020年4月以降;今後の予定も含む)


【2024年】

UTe2ミニ研究会(2024年6月8日, 京都産業大学)

(oral)
橘高 俊一郎
「異方的な量子臨界現象に対する熱物性測定からのアプローチ」

「アシンメトリ量子」令和6年度領域全体会議・公募研究キックオフ会議(2024年5月29-31日, 東広島芸術文化ホール)

(oral)
橘高 俊一郎
「アシンメトリ量子物質における角度分解磁場中熱力学量測定」
(poster)
岡本 直己, 橘高 俊一郎, 河野 洋平, 服部 一匡, 松本 圭介, 鬼丸 孝博
「PrIr2Zn20の異方的な相図の磁歪と線膨張率による検証」

日本物理学会2024年春季大会(2024年3月18-21日, オンライン)

18pH2-6
湯淺 翔平, 尾崎 優太, 河野 洋平, 橘高 俊一郎, 志村 恭通, 高畠 敏郎
「回転磁気Grüneisen比による擬カゴメ近藤格子CeRhSnの量子臨界性の検証」
19aH1-2
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「重い電子系金属YbRh2Si2の量子臨界点における回転磁気グリューナイゼン比の検証」
21aH2-2
橘高 俊一郎, 鬼丸 孝博, 松本 圭介, 榊原 俊郎
「PrIr2Zn20における反強四極子秩序相境界近傍の磁場誘起秩序相」

「アシンメトリ量子」トピカルミーティング「アシンメトリ量子物質の開発~現状と展望~」(2024年1月5-6日, 九州工業大学)

(poster)
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「重い電子系金属YbRh2Si2における回転磁気グリューナイゼン比の検証」

【2023年】

日本物理学会第78回年次大会(2023年9月16日-19日, 東北大学)

18pPSA-19
戸塚 海斗, 包 安, 井波 駆, 河野 洋平, 橘高 俊一郎
「低コスト一軸回転機構の開発とCeCoIn5の超伝導異方性研究への応用」
18pPSA-38
河野 洋平, 辻 貴丹, 加藤 謙介, 竹内 將暁, 北川 健太郎, 松林 和幸, 上床 美也, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「希釈冷凍機域における圧力下交流比熱の精密定量測定実現に向けての研究」
19aA205-2
井波 駆, 橘高 俊一郎, 河野 洋平, 横山 淳
「Ni置換したCeCoIn5における量子臨界性の磁場角度依存性」
19aA205-5
竹内 將暁, 辻 貴丹, 加藤 謙介, 河野 洋平, 橘高 俊一郎, 松林 和幸, 北川 健太郎, 上床 美也, 榊原 俊郎
「高圧下精密交流比熱測定技術の開発及びCeCoIn5の超伝導転移における圧力効果の検証」
19aA205-6
湯淺 翔平, 橘高 俊一郎, 河野 洋平, 山下 穣, 志村 恭通, 高畠 敏郎
「磁場角度分解熱量測定から探る擬カゴメ近藤格子CeIrSnの量子臨界的挙動」

「アシンメトリ量子」トピカルミーティング「アシンメトリ量子物質を如何に可視化するか?~ミクロ測定とマクロ測定の連携による研究戦略~」(2023年8月30-31日, 北海道大学)

(oral)
橘高 俊一郎
「熱測定・歪み測定によるアシンメトリ量子物質の可視化に向けて」
(poster)
河野 洋平
「静水圧下交流比熱の精密定量測定実現に向けて」

「アシンメトリ量子」キックオフミーティング(2023年6月10-11日, 岡山大学)

(oral)
橘高 俊一郎
「回転磁場中精密物性測定による新奇秩序相の可視化」
P32
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「磁場角度分解比熱に現れるYbRh2Si2の量子臨界現象と異方性の相関」
P31
湯淺 翔平, 橘高 俊一郎, 河野 洋平, 山下 穣, 志村 恭通, 高畠 敏郎
「磁場回転Grüneisen比からアプローチするCeIrSnの量子臨界的挙動」

日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 基礎科学セミナー(2023年5月11日, 東海村)

842nd seminar
河野 洋平
「量子臨界領域におけるYbRh2Si2の磁場角度分解熱力学量測定」

日本物理学会2023年春季大会(2023年3月22日-25日, オンライン開催)

22pH1-2
橘高 俊一郎, 綱島 海斗, 木元 大介, 河野 洋平, 清水 悠晴, 山下 穣, 榊原 俊郎, 横山 淳, 町田 一成
「磁場角度分解磁歪測定から探るCeCoIn5のFFLO相転移」
23aH1-3
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「YbRh2Si2の磁場角度分解磁気熱量効果とエントロピー」

広島大学大学院先進理工系科学研究科設立3周年記念ポストシンポジウム「量子物質研究の新展開」(2023年3月15日, 広島大学)

(oral)
橘高 俊一郎
「磁場方位精密制御下における磁歪・比熱測定による超伝導研究」

【2022年】

日本物理学会2022年秋季大会(2022年9月12日-15日, 東京工業大学)

13aW541-1
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「YbRh2Si2の磁場角度分解比熱と磁気熱量効果測定」

29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29)(2022年8月18日-24日, Sapporo, Japan)

P19-SF3A-07
Y. Kono, G. Lapertot, Y. Shimizu, D. Aoki, T. Sakakibara, and S. Kittaka
"Field-angle-resolved specific-heat measurements of YbRh2Si2"

第1回アシンメトリ量子研究会(2022年8月9日-10日, 大阪大学)

10p-02-3
橘高 俊一郎
「磁場方位制御下での極低温熱量測定から拓く新奇量子現象」

日本物理学会第77回年次大会(2021年3月15日-19日, オンライン開催)

15pGB11-3
河野 洋平, Gérard Lapertot, 清水 悠晴, 青木 大, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「量子臨界領域におけるYbRh2Si2の磁場角度分解比熱」

【2021年】

International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2020/2021 (SCES2020/21)(2021年9月27日-10月1日, Guarujá, Brazil;オンライン開催)

(poster 9/28)
Y. Kono, S. Kittaka, T. Sakakibara, N. Kikugawa, T. Terashima, S. Uji, D. Sokolov, and K. Machida
"Detection of a first-order superconducting transition in Sr2RuO4 by ultra-high-resolution magnetostriction measurements"

日本物理学会2021年秋季大会(2021年9月20日-23日, オンライン開催)

21PSC-7
河野 洋平, 山口 博則, 細越 裕子, 榊原 俊郎, 橘高 俊一郎
「フェルダジルラジカルベースの新規擬2次元量子磁性体の低温物性」

日本物理学会第76回年次大会(2021年3月12日-15日, オンライン開催)

14pH1-9
河野 洋平, 橘高 俊一郎, 榊原 俊郎, 菊川 直樹, 寺嶋 太一, 宇治 進也, Dmitry Sokolov, 町田 一成
「熱力学量からみたSr2RuO4の上部臨界磁場近傍の超伝導状態」

【2020年】

UTe2 online workshop(2020年12月14日-16日, オンライン開催)

(informal)
S. Kittaka
Superconducting gap structure of UTe2 studied from field-angle-resolved measurements of its specific heat

日本物理学会2020年秋季大会(2020年9月8日-11日, オンライン開催)

9pH3-5
橘高 俊一郎
「(一般シンポジウム講演)角度回転比熱測定からの超伝導ギャップ構造」
領域8,領域4シンポジウム:新奇重い電子超伝導体UTe2の研究の現状
10aC1-12
河野 洋平, 橘高 俊一郎, 榊原 俊郎, 山口 博則, 細越 裕子
「ボンドランダムネスを有する新規スピン1/2ハニカム格子錯体の低温物性」